北の大地脱出編5(mixiより抜粋)
150km牽引伝説の翌日。伝説の姿でロープで繋がれたままのチンクを見ながら、気分は現実に戻ります。“さてどうすんべ。”


このまま居ろって意見がありつつも、帰りたい旨を伝え軽く家族会議です。チンクは不動決定なんで、一番リアルな方法はヒコーキでびゅーんってやつなんですが、ヒコーキで帰っちゃうと帰ってからのアシ車がなんもないんで電車嫌いのこの身は実家の茨城から出やしないだろうから、できれば車で帰りたい。

もらってきたばっかしの “パオ君” イタダキマス。

 残る課題は不動車チンクの処遇。自力ではまったく手がでないんで入院は決定なんだが、北の大地にチンク科の医者の心当たりナシ。
う〜ん。臓器摘出ですな。エンジンお持ち帰り決定!
a0059642_14595563.jpg

そうと決まれば突貫工事で作業開始!
まずはチンクのエンジン摘出しちゃいましょ。不本意ながら慣れた手つきで摘出です。外し方忘れる位メンテナンスフリーになってもらいたいモンですよ。
 ドッコイショって外したエンジン君。このままパオに積み込めば作業終了ですが、掛かり付けのチンク科のお医者さん(今更だけど整備士って事よ)の要望もあり、どこらあたりまで重傷か検証します。解剖ってトコ。
a0059642_1501358.jpg

普段なら絶対さわらんトコまでバラしちゃいます。自分で組む訳じゃないからね。でバックリ割れたエンジン君。患部を写メール

「思ってたほどじゃない…かも。割と安くできる…かも。」…慰めにはなりますデス。精進します。


 オレがエンジンで一喜一憂しているのと同時進行で代車パオの整備中のジョージ君。出かけて帰って来ると湯気モウモウで水スッカラカンのパオのホース総取っ替え中。ホントは冬の間にノンビリ修理するつもりだったようだが、急ピッチで作業してくれました。
a0059642_1502884.jpg
ドウモアンガト。

いざ苫小牧再出発。荷物満載パオ。(よくこんなにチンクに積んでたもんだ。)めざせ大洗!





オートマ仕様のパオ君。気抜いて運転してるとエンストします。たのしいいなぁ…。
[PR]
by ritatore | 2005-12-22 15:02 | FIAT500
<< 遅ればせながら出発しました。 北の大地脱出編4(mixiより抜粋) >>