旅人の醍醐味
a0059642_14232957.jpg

昨日は、ちょい高値だがよさげなキャンプ場見つけられました。村営で隣りが温泉。一泊600円の駐車場500円。温泉は400円。場所は和歌山の上の方かな。

また、ラッキーストライカー史上初の事が。
他のキャンプ客がいました。それも複数組。ここはやっぱり、出会いを求めてアイサツしてまわります。

ほとんどがバイカーで車とチャリダーが一組づつです。

とりあえずはじっこにいた62歳のおっちゃんにコンタクト。

ですが、
挨拶もそこそこに、


「…ノミコトが…」


「そこで…ノキミに…

「…ヤマタノオロチ…」



日本神話オタクな方でした。
いやね。そうじゃなくて、こう旅の話をね。

なんて想いは伝わらなく、永遠3時間のマシンガントーク。トイレに逃げても、ついて来る始末。車で風呂まで逃げました。


風呂から帰って来てからは、もう少し年齢の近い人に再コンタクト。

多分ちょい年上の神奈川のライダーの方と、京都の学生のチャリダー君。

二人の旅人体験談はとっても参考になりました。
そしてチャリんこの奥の深さには驚きました。
夜遅くまで酒飲んで、しゃべって、楽しい時間を過ごしました。

旅はこうじゃないと。

翌朝テントから出たら誰もいなかった。
本当の旅人は早起き。さすがだ。
[PR]
by ritatore | 2006-05-01 14:23 |
<< 目標達成。本州最南端。 峠 峠 峠…。 >>