原付修理2
ジョルノ消耗品移植手術はプラン変更を余儀なくされたんで、出来るトコからやってみましょ。
a0059642_1222315.jpg


まずは消耗品の代表選手からプラグの登場
a0059642_1252097.jpg

…死亡が確認されました。
電極のグズグズ具合もさることながら、碍子部分割れてるし。交換決定。

次いでキャブ行きます。
a0059642_1295551.jpg
特に目立った詰まり等はなかったかな多分。
今まで2ストのキャブってベスパのしかバラしたコトがなかったんで、キャブから二本ラインが出ててちょい“?”でしたよ。ガソリンともう一本はオイルのラインなのね。(ベスパは混合給油なんでガソリンのラインだけ。)つうかベスパとチンクしかやったコトないけどね…。

駆動系もバラしちゃいましょ。
a0059642_253655.jpg


ここは手こずった。
ベルトもプーリーも、手前にいる歯車なヤツ(ドライブフェイスって名前らしい)をはずさんコトにはアクセスできない。
a0059642_2101225.jpg
コイツがどうにも取れない。メガネレンチかけて回そうにもドライブフェイスごと回りやがるし、えらいトルク掛かって締まってるから、ドライバー等で歯車部分押さえた位じゃ全然無理。ヘタするとドライブフェイスが歯っ欠けになっちゃいそう。
農場のインパクトなら一発で外れるんだろうが、手持ちの工具じゃ無理そう。
調べてみると、バイク屋さんとかはやっぱりインパクトでハズしてるみたい。
で一般のサンデーメカニックの方々には専用の特殊工具があるらしい。お値段は三千円位。
a0059642_2263746.jpg
↑こんなの。

さすがに三千円も出して原付の特殊工具買うのはバカらしいんで、コストと汎用性から400円のフィルターレンチを買ってきた。(フィルターレンチも正直使わないが…。)
a0059642_2352618.jpg
↑こんなの。
でなんとかはずれたドライブフェイスと目的のプーリー。
a0059642_2393110.jpg

ベルトとプーリーは問題無さそうだが、プーリーの中にいるウェイトローラーが極端に片減りしとりました。
コイツは変速にとっても大事な役目をしてる部分なんで交換決定。
a0059642_2483149.jpg
ちなみにコイツの重さを変えて加速重視だったり、最高速重視とかのセッティングをカスタムするらしい。今回はお母ちゃんが乗るのを考慮して重さの変更無し。でもイジってみたい気もする。

仕上げにベルトの削れカスで真っ黒なのを掃除。
a0059642_2553185.jpg
a0059642_256277.jpg



低予算だとこの辺が限界。
でテストラン。

“だいぶ良い。”

かなり良いとは言えんが、加速するようになったし、坂も上がる。
でも世間の原チャリに比べたらまだな感。
やっぱりマフラー換えたいなぁ。
[PR]
by ritatore | 2006-12-08 03:04 | FIAT500
<< 年越しパーティー 原付修理 >>