カーオーディオ載せ替え
a0059642_122528.jpg
今回もキャンピングカーの310Dの話。


310Dに付いてたカーステは、えらく年代モンの1DINのカセット。
まぁラジオ聞けるんで、ipodをFMで飛ばして聞いてるボクにはこのままでも十分なんだが、父上の希望はMDで聞きたいそうです。
そこで、今までパジェロで使ってた1DINのMDを310Dに載せ替えちゃおってワケ。
パジェロの方は、いいタイミングで貰ってきた中古の2DINのCD、MDのデッキを装着で丸く収まりそう。

整理すると、
310Dの1DIN、カセット(ADDZEST BAY-600A)→破棄。
パジェロの1DIN、MD(SONY MDX-C5400X)→310へ。
貰いモンの2DIN、CDとMD(KENWOOD DPX-8070MJ)→パジェロへ。


まずは、簡単にできそうな、パジェロに2DINのデッキを取り付けましょ。

メーカーサイトから拾ってきた配線図に従い結線。
パジェロのキーをオン。
イルミも点くし、音も鳴る。
終了。

初めてやってみたが、案外うまくいくもんだ。
チンクにカーステ付けた時は、ゼロから配線しなきゃならんかったから、何だかとっても拍子抜け。
最近の車はよくできますな。カプラーも規格品だし、配線の色分けも共通だし。


問題はこっからダス!
a0059642_1455827.jpg

310Dの1DINカセットを引っ張り出したトコ。
中身ごっちゃごちゃ!
カプラーなんてモンは無し。直で線出てるし。
配線図?古すぎて見つからず…。

とにかくごっちゃごちゃ。
とってもワイルドな結線っぷり。引きずり出した配線は、例えるなら内臓破裂。

何だかエラくいっぱい線があるけど、何に使ってんのさ?

途方に暮れながらも、考える。
いっぱい線があろうが、こっちが欲しい線の数は決まっとります。

電源。常に12Vが来てるヤツ。
ACCの電源。キーひねって12Vが来てるヤツ。
アース。どっかボディーにぺたっと引っ付いてるヤツ。
スピーカーのプラスと、マイナス。

今310Dには、スピーカーがフロントにしかないから、必要な線の数は7本。とラジオのアンテナのみ。

基本に戻り、ごっちゃごちゃの線を丁寧に解きながら辿ってく。
と、束ねていかにもって雰囲気なのに、何にも繋がってない輩が出てくる、出てくる。
ハッタリ?トラップ?
どうやら、昔この子はスピーカーが4つか5つあって、アンプやらCDチェンジャーなんかが搭載されてたんではと推測。
この辺で希望が見えてきた。

だいぶスッキリしてきたトコ(たしか12~3本位までは絞り込めたかな)で、スピーカー側から辿ってみる。
スピーカーのプラスと、マイナス発見。

残すは、電源関係。
メインの電源とACC電源。アースの3本。
目星を付けて辿ってくとヒューズBOXの裏手に到着。
メインの電源か?
と思いきや、ボディーにペタ。エラく遠くでアースしてました。

ここまでくりゃ後はテスターで調べられそう。
なぜか5本あるが、残すは2本。
a0059642_2132466.jpg

キーオフの状態でテスターがピコーンと来たトコがメインの電源。
キーオンでピコーンがACC。
残っちまった3本は見なかったコトにします。
a0059642_235232.jpg
すっかり辺りは暗くなったがどうにか完成!
達成感より疲労感。
まぁなんとかなるもんだ。
[PR]
by ritatore | 2007-04-09 02:38 | キャンピングカー
<< 遠回りなランチ 新兵器? >>