気ままなイタリア旅にでよう2
2/8(金)
今日からが旅の本番。
ぐっすりと熟睡した場違いなお高いホテル。
起きたら相方がいない。何してんのかと思ったら、イタリアの朝を満喫してたらしい。
テラスで、『地中海から昇る朝日を浴びながら、紅茶をすする自分』 に酔ってたんだと。あらそっ。
この相方のナルシストっぷりにはこの後もさんざん悩まされていきます。

さて、
朝飯付きだってんで、イタリアの朝食ってヤツを体験しに食堂に降りてくと、予備知識として知ってはいたが、この国の朝食って菓子パン中心。コレは違うだろとクロワッサンを取ったんだが、中にたっぷりクリームが詰まってて濃厚に甘かった。
朝から血糖値が急上昇。
オレは明日からは朝食いりません。飲み物だけでいいです。

さて、今日から本番。気合いを入れてチンクの聖地Garlenda目指します!

a0059642_4143096.jpg
今回唯一事前に決まってた目的地なんで、しっかりと日本で道順を調べてたかいがあり、高速を降りてのどかな道を走ってると順調にGarlenda到着。
a0059642_21214327.jpg

ココがあのチンクの博物館かぁ。ホントに来るとは思っても無かったなぁ。
感慨深いモノがございます。
いざ中へ。

ん?

カギが掛かってますね。

え?
まさか?
休み?

営業日までは調べてなかったなぁ。

行きあたりばっ旅なスタイルの旅行にはこんな落とし穴もあるモンだと、肩を落としながらもオレは諦めようとしてたら、相方が、近所にいつやってんだか聞いてくるって言ってる。
さっぱり言葉も通じないのに近所に聞き込みに行こうとしてるヤツの気合いに後押しされ、それならばとオレも気合いを入れ直し、博物館の呼び鈴を連打してみる。近所に聞くより本人に聞いた方が確実でしょ。

間もなくして、中から職員らしき人がのっそり出て来た。

「いつやってんの?」

「3時から。」

え?お昼休みだったの?
この国の長い昼休みの習慣に慣れてないオレらの最初のミスだった。
そんなら3時に出直してきます。ってトコで、
なんと
昼休み返上で開けてもらっちゃいました。

なんてやさしいんだ、イタリア人。
そして、割り勘要員としてだけ連れてきた相方の意外な活躍にも感謝。

たっぷりと堪能した博物館。
お土産もたっぷり頂いちゃってしかも、入館料タダになっちゃいました。
使う事はないだろなぁと思ってたが一応覚えてた、大変お世話になりました。のイタリア語で、精一杯の感謝の気持ちを伝えて来ました。


もう日本に帰ってもいい位の満足感で、Garlendaを後にした我々。
こっからは完全にノープランの旅。
[PR]
by ritatore | 2008-03-02 21:36 | イタリア旅
<< 気ままなイタリア旅に出よう2-2 気ままなイタリア旅に出よう >>