気ままなイタリア旅に出よう4
2/10(日)
高速内のホテルからの出発だけあって、何も迷う事無くヴェネチアを目指します。
a0059642_2292247.jpg

この町は水の都の名の通り、道路がありません。全部運河。移動は徒歩か船。バスも船。タクシーだって船。
なのでもちろん車も入っていけません。玄関の町メストレから橋を渡ったトコで車はおしまい。
島の入り口の駐車場に車を入れて、いざヴェネチアへ。
しかし漠然とヴェネチアに来たもんだから、特にココが見たい!ってコトが思いつかない観光地慣れしてない我々。
とりあえず地球の歩き方みてサンマルコ広場ってトコまで歩いてみます。
a0059642_441217.jpg
建物の壁の端に申し訳程度に書かれてる「S MARCO→」の文字を頼りにトコトコ歩いてるワケだが、広場に行くのが目的ってよりも、行くまでの道中の町並みがメインな気分。まず見た事のない風景。こんなトコで生活してる人がいるってのが不思議。どっかのテーマパークだと言われた方が納得してしまう。
a0059642_4152898.jpg
マイカーならぬマイボート。裏口開けたら、そこはすぐ運河。どう考えたって不便でしょ。

a0059642_4295872.jpg
しばらく歩いてると、観光客のどっと増えた一画に出た。リアルト橋です。賑やかな一画。
a0059642_4185736.jpg

橋が掛かった運河の両岸にカフェやレストランが並んでて、天気が良い事もあり外のテラスで優雅に食事や飲み物を楽しんでるワケです。
そんなの見たとたんに、うちのナルシストはコーヒーが飲みたいって言い出します。
気持ちが分からんでもないが、世界的な観光地ヴェネチア。物価がセレブです。
テーブルチャージだけで5ユーロ。座っただけで700円以上しますよ。
コーヒー一杯に1000円以上なんて出したくないです。
ここはズンズン先に歩いて、ヤツの意見を黙殺。

ほどなくして今度は腹減ったと言出す相方。
さすがに何も喰わないワケにもいかないし、あんまり貧乏くさいのもなんなんで、ここはヤツの意見を尊重します。
連日のメニュー解読に疲れてた我々が思わず吸い寄せられてしまった、日本語メニューが入り口に貼ってあったレストラン。
a0059642_456532.jpg
ピザ一枚と、鳥とポルチーニのなんかを頼んだんだが、まぁ味は普通。コストパフォーマンスで言えば下。日本でこの値段出したらそりゃあ旨いもん喰えますよ。
この町で食事をするなら、中途半端な店で金落とすより、良いトコ入ってドンと金使う位の気持ちが必要かも。もしくは弁当持参。

帳尻合わせる為にも今晩は絶対に安宿に泊まるぞと決意し、サンマルコ広場到着。
a0059642_563131.jpg
サンマルコ寺院なんかの外見なんかには圧倒されながらも、特に中を見学しようって気にもならず、もう少しぶらっと歩いてみる。
a0059642_5185375.jpg
人が集まってるんで、写真撮っといたがコレが溜息の橋。後で知った。もっと予習してから来ないとダメだね。

こっから島の玄関口のローマ広場までヴァポレットに乗って帰ります。船のバスみたいなモンです。
a0059642_5332286.jpg
この黄色のが停留所。
船上からの景色もおもしろい。
a0059642_5362159.jpg
観光客を乗せたゴンドラや、その他もろもろのボートが行き交う様子は見てて飽きない。
込み合ってたヴァポレットも主要な停留所でどっと人が入れ替わるんで、そのスキに最前列の席を確保。
例えるなら、満員の山手線で椅子に座れなくても新宿や渋谷でまとめて人が降りる時に座れるのと一緒。
じっくりとベストビューを堪能し、水の都を後にします。



a0059642_5524027.jpg
ヴェネチアを出発し、安宿を目指すに為大きな町を避け、アドリア海側を南下。
きっとこの辺は夏の時期なんかは海のバカンスなんかに来る人で賑わってるんでしょう。街道沿いにモーテルが点在してます。
なんだか九十九里を走ってる時を思い出す雰囲気。
けれども2月のこの時期、どこも営業してる気配がさっぱりない。

そんな中、明かりの点いたレストラン併設のモーテルを発見。
a0059642_665074.jpg
お値段も理想の価格。
どうも宿泊客は我々だけの様子だが、レストランは近所の人でワリと賑わってた。
晩飯に魚介のパスタとリゾットを食べたんだが、今までのメシで一番旨かった。
水の都のランチがホント馬鹿らしくなる。

家族経営のこのモーテル。
奥で小学生くらいの娘さんがTVゲームしてたりする。
この雰囲気。
良心的な値段に旨いメシ。
近くに駅なんぞなく、もちろん歩いてはまず来れない宿。レンタカーだからこそ巡り会えた宿。
まさにオレの求めてた宿。

大事なのは、見た目やロケーションじゃないんだよ。
海が見えるテラスなんかもちろん必要ないんだよ。
分かったかい相方よ。
[PR]
by ritatore | 2008-03-06 06:21 | イタリア旅
<< 気ままなイタリア旅に出よう5 気ままなイタリア旅に出よう3-2 >>