気ままなイタリア旅に出よう8
2/14(木)
バーリ駅前で、満場一致で解任となった しゃべる荷物 を降ろし、身軽になった今日。
気ままな一人旅ドライブの予定。
とりあえずの目的地は、長靴のくるぶし辺りの街ターラントで、街一番と地球の歩き方に掲載されてた店でランチを取るコトに設定。
a0059642_1226469.jpg

直行はせず、アドリア海側を流しながらの遠回りのルートで向かいます。

今日から、相方の解任に伴い、自分で地図見なきゃならなくなります。
信号が市街地以外ほとんどなく、交通の流れの早いこの国だと、ちょこちょこ停車して確認作業を行わなくてはならなくなった。正直メンドイ。
あんなヤツでも必要だったんだと認識。
そして、ヤツ以外の他の人と一緒ならもっとスムーズな旅ができたんじゃないかと再認識。

激走なイタリアンチンク。追い抜かれました。140km/hは出ております。


快調かつ順調な走りで、予定通りターラントに到着。
勝負はこっから。
街から街への移動は、比較的スムーズなイタリアの道路事情。昨日まで毎日の日課のように繰り返して来た難所が市街地に入ってからのナビゲーション。
この市街戦をどう制するかで旅のリズムが違って来ます。

昨日までの戦略は、相方の霊感山勘第六感と方位磁針頼みの方向感覚。
ニュータイプならざる彼の第六感はアテにならず、方位磁針頼みで指示を出すもんだから、あり得ん狭小な裏路地にも果敢にアタックする羽目に。

ここで、一人になったコトでもう一つ再認識。
ヤツの第六感も障害物の一つだったのさ。
さすがに完璧に目的地に到着!とはいかなかったんだが、ヤツが居ないと修正が早い。
ヤツが居ないと旅が普通すぎて、むしろ物足りなさを感じます。トラブルも旅の醍醐味なのかもしれん。

少し昼を回った時刻の綺麗な港町ターラント。暖かい日差しと真っ青の空と海。そして綺麗な町並み。
しかしエラい渋滞です。
中心地はびっちり車で埋まってる感じ。
ここでちょいと閃いたんで、グッタリする牛歩な中心地を一端待避します。
a0059642_1083591.jpg
街を離れ砂浜でちょこっと休憩。対岸にさっきの渋滞路がうっすら見えてます。

少し時間を置いて市街地に再度アタック。すると、
a0059642_10175419.jpg
さっきまでが嘘の様に閑散としてます。
a0059642_1018716.jpg

昨日までヤラレてたイタリア時間を逆手に取ってやりました。国民総昼寝タイム。目指すメシ屋にあっさり到着。まぁメシ屋の営業時間が分かってたから出来た作戦なんだが。メシ屋が閉まってたら意味無いんで。

地球の歩き方に町一番のレストランと書かれてる店、イルカフェ。町一番かどうかは知らないが確かに旨かった。
a0059642_10332619.jpg
素材が良いんだろうね。料理自体はシンプルなんだが旨い。
写真のパスタ以外に、魚料理も注文。
すごいのが、ガラガラと台車に何匹も丸ごと魚を乗せて、どれにする?って聞いて来やがった。
どれって言われても、どれが何やら?丸一匹で調理されてはかなわん大物が目白押し。
比較的小振りの魚をチョイスしとく。切り身でいんだけど。

シンプルに焼き魚が出て来ました。
小振りにしといて正解。旨いんだが、大根おろしとソイソースが恋しい。グリルじゃないのにすれば良かった。店員はグリルが一番旨いって言うんだが、焼き魚でパンは喰えん!


なわけで今日の目標はクリアしちゃって、今後の予定がポッカリ空いちゃった。
明後日の朝にはローマから飛行機で帰国なんで、明日はローマ入りしてないとだし。
大きく迂回しながらローマの方へ走ってみようかな。
浅く考えをまとめ何となく発進。
ターラントからローマをまともに目指すと、昨日走ったマテーラのあたりから道か被っちゃって面白くない。
迂回する意味で、つま先方向に進路を取ると段々、端っこまで行ってみようかな?って気持ちも少し出て来る。
ここでしっかり行こう!と決めればいいんだが、ひたすら続く海沿いの道に飽きて来たこともあり、どうも曖昧。
ブログを書いてる今気付いたんだが、こんな行っても良いし、行かなくてもって時の判断を相方に任せてたんだなぁ。ヤツの判断に対して、じゃあこうして、こうすれば何とかなるな。とか、そっから思考が働き出す。
それに慣れさせられてたもんだから、完全フリーなこの時は思考力がイマイチだった。
a0059642_11455926.jpg
結局、端っこまでは行かずの耐久ドライブ。その距離大台一歩手前の千キロ弱。
さすがに体力の限界。
いい加減宿に落ち着きたい時間帯が、魔都ナポリ近郊だったりしたもんで、エラい距離走るコトになっちゃった。
高速のSAにビール売ってるもんだから、疲れた体に強烈に誘惑される。いっそここで飲んじゃって車中泊してやろうかとも思いながら、コーヒーで我慢する。

このままじゃローマに着いちまうぞってトコまで来て勝負に出て高速を降りる。小さな街CEPRANO。ホント小さかった。ちょこっと走っただけで街中完全把握。メシ屋もホテルも一応あった。良かった。なかったらまだ走らなきゃならんトコだった。

日付が変わろうかという時間になって、ようやくお宿に落ち着けた。
このホテルのフロントのおっさんが、心配性なのか何なのか、とにかく外人慣れしてないご様子。
イタリア語しか喋れないおっさんなんで、オレはイタリア語で話をしているワケ。
今晩泊めてくれ、一人だ、いくらだと。
食堂もあったんで、おれは腹ぺこだ、今からメシ喰えるか?と。
おっさんもそれには答えて、
オレも分かった、それで頼むわ。って。
ここまでは会話が成立してるワケ。
なのにおっさんはちょっと待て、うちに一人だけ英語が話せる女がいるから、そいつを呼んで来るって。
いやもう話はついたし、別にいいって。

またその英語ができる人も食堂の給仕で忙しくて、なかなか来やしない。
焦れたおっさんはオレの手を引いて、給仕場までオレを引っ張って行くし。
給仕場での会話。
飲み物作りながら向こうが

「Can you speak English?」って聞いて来る。

正直英語だろうがイタリア語だろうが理解できる言葉はたかが知れてんのになと思いながらオレは

「Little」だと。

そうすると彼女は

「Very good」

この答えにも笑いそうになったが、こっからがおもしろかった。
うちは一泊いくらよ。OK?
ご飯たべるの。OK?
イタリア語の後にOK?っていうだけ。
でオレもOK。って答えただけ。
でもおっさんは満足。安心したみたい。いったいなんなんだ。

さっきの彼女に腹ぺこなんだよって言ったら持って来てくれた、ボリューム満点ラザニヤとビール大×2の夕食。
明日はついに最終日。
今日は走りすぎた。
[PR]
by ritatore | 2008-04-01 13:11 | イタリア旅
<< 気ままなイタリア旅に出よう ラスト 気ままなイタリア旅に出よう7 >>