そして北の大地へ
上陸を決意した大間の地から北海道への上陸方法は函館までのフェリーがあるそうでこいつに乗れば1時間半で到着するそうですが、どうせ乗るなら船旅の雰囲気を楽しみたいんで大間から八戸まで南下し船内で一泊する事にする事に。a0059642_185927100.jpg初のフェリ−ターミナル。シーズン前って事もあるんでしょうがターミナル内は玄人衆(トラックうんちゃん)がほとんどで一般の人は数える程でした。a0059642_18595422.jpg
馬と牛の間にチンクを駐車しザコ寝の二等室に荷物で場所を確保しタオル片手に浴場に向かいました。大浴場を期待してたんですが、a0059642_1901587.jpgこじんまりした風呂でした。大人二人で湯船は満員です。だいぶ期待はずれながらサッパリはしたんで一服して寝ようと喫煙室へ。この喫煙室でねじりバンダナのおっっちゃんとちょっと世間話してたところおっちゃんに酒を勧められて結局下町のナポレオン開けるまで帰してもらえませんでした。時間はすっかり深夜。二日酔いの北の大地上陸となりました。
[PR]
# by ritatore | 2005-04-20 19:57 |
本州最北端
どうやら昨日の旅館は貸し切りだったみたいです。久しぶりの柔らかい布団で心身ともにリフレッシュしました。a0059642_1854114.jpg朝から温泉に浸かり、浴場独り占めでさっぱりした今日の始まり。目標を本州最北端青森県大間に設定し十和田湖温泉郷を出発しました。北上しほどなくした頃眼下に海が広がってきました。今日はこのまま下北半島をぐるり一周です。道路の横は常に海。天気は快晴無風。これぞ旅ってな感じでブイブイ走ります。a0059642_18562075.jpgしかし青森に入ってから信号の数がメッキリ減りまして、周りの車のペースも早いのなんの。軽トラで70〜80キロ。普通車はさらにです。なもんでチンクは普段の高速道路並みのがんばりがないと後ろが連なっちゃいます。エンジン唸ってるもんだから暖房が利いちゃって車内ぽかぽかです。a0059642_18564665.jpg
昼過ぎには大間着いちゃいました。とりあえず写真を撮ろうと車を降りた時「あれが函館山だよ〜」目の前の乾物屋のおばちゃんが対岸を指差しながら話しかけてきてくれまして、これぞ旅の醍醐味ってな感じでしばらく世間話する事に。「こんな天気の良い日は年に何回も無いよ〜。」なんて話をしながらスコンブ御馳走してくれました。その後おっちゃん二人とおばちゃんがもう一人の四人と話てたんですが…。7割何言ってるか聞き取れなかったッス。青森弁堪能しました。でその乾物屋のおばちゃんが北海道をしきりにオススメするんです。「北海道は良いよ〜。¥¥で、##だしさぁ〜。」どう良いのかは聞き取れなかったんですが、その表情が北海道を物語ってました。
なので上陸決定です。
[PR]
# by ritatore | 2005-04-19 21:47 |
秋田、青森編
左まぶた負傷。昨夜の焚き火中、爆ぜた火の粉が左目直撃!松の枝の焚き火は注意しましょう。a0059642_19163361.jpg
 本日快晴。絶好のツーリング日和。今日走らずいつ走るってんで朝食やめてダッシュで寝床を撤収し北上開始。目標を十和田湖に設定し、ibook充電中の為ipodが使えないのでFM岩手を聴きながら残雪の残る峠道を快調進むチンク。a0059642_19165287.jpg標高が上がるに連れて量の増える残雪と春の日差しを浴びながら心地よい時間を過ごした昼下がり。異変に気づきました。峠を下っても雪が減りません。十和田湖南部秋田県側に到着した時点で普段なら寝床探しの時間でしたが、道路以外雪まみれ。a0059642_19171164.jpg野営スポットは全滅。目的地を山じゃなくて海にしとけばと悔やまれます。北国恐るべし。こうなりゃ山を極めようと八甲田山へ舵を向けました。山の景色を堪能しようかと思ったんですが…。雪の壁しか見えませんでした。
野宿断念したんで今夜は畳と布団です。ある意味しあわせです。
(本日の行程の7割峠で、ほぼ全開走行でしたがチンク絶好調です。調子良すぎて正直不安です。経験上絶好調の後には…。)
[PR]
# by ritatore | 2005-04-18 19:19 |
岩手編
初日の寒さが嘘のように真新しい寝袋は快適です。下着だけで寝ても問題なしです。良い買い物でした。a0059642_18445715.jpg
今日は前進をお休みして仙台をブラつこうかなと考えてましたが、朝は晴れてたのにまた雨なもんで名残惜しいが杜の都を後にしました。仙台でしたのは洗濯だけです。a0059642_18451670.jpg特に変わった景色もなくだらだらと国道4号を走って着いたのは岩手県。なんとか一日一県のペースでは進んでるようですが、4日かけて岩手。普通車なら高速で半日もあれば着く距離です。a0059642_18471054.jpg
 水沢市に入ったところで水沢出身の友人がいるのを思い出し連絡を取ってみたら「ヤダまじで!ウチのばあちゃんちの近所!何もないよ。温泉とかあるよ。」持つべきものは友で有力情報を得ました。(何より久々にまともな会話ができたのが嬉しかったッス)てなわけで温泉を堪能(昨日はコインシャワー5分100円)後本日の寝床探し。見つけたのが「北上総合運動公園キャンプ場」もちろん無料。公園内の池に白鳥が大量に居てグワァーグワァーやかましいとこですがトイレはファミレスより綺麗なんで問題なしです。
しかし今のところ順調に寝床を発見できてますがいつまでこの無計画が通用するか若干不安です。
[PR]
# by ritatore | 2005-04-17 19:43 |
杜の都へ
むねよしドットコムさんにリンクしていただける事になりました。いよいよ中途半端で帰るわけにはいかなくなってきました。a0059642_18543398.jpg
 「今日の東北地方の天気は快晴。絶好のお花見日和となっております。 尚乾燥注意報がでておりますので火気等に御気よつけください。」今日のラジオはこの繰り返しでした。a0059642_18534457.jpg
今日の天気は『雨』
どこまで走れども雨でした。チンクの上だけピンポイントで降ってんでしょうか?(ibookと携帯充電しながらカーステとワイパーじゃバッテリー心配なんでワイパー我慢しました。)まぁ昼過ぎには止みましたけど、快晴?良くて『くもり』でしょ。こんな天気なんで今日は寄り道をせずにまじめに国道4号を淡々と北上。杜の都仙台に到着となりました。今日の宿は仙台市からほど近い「水の森公園キャンプ場」一泊500円。ついに有料の宿となりましたが、とっても綺麗なんで納得プライスです。しかも自分以外のキャンパーもいる安心感。(薪は300円でしたが森をちょっと歩けばそのぐらいの量はすぐ集まりました。)a0059642_18555425.jpg

昨日あたりからやけに独り言の多い自分に気づきました。
[PR]
# by RITATORE | 2005-04-16 19:38 |