気ままなイタリア旅に出よう2-2
2/8(金)
大満足のGarlendaを出発した我々。
明日は相方きっての希望で水の都ヴェネチアを観光しようってコトに。
a0059642_22363453.jpg

なので、明日ヴェネチアに良い時間に着ける位置で今晩のお宿を見つけます。

ドコら辺まで行くか決めあぐねながら高速を走ってると、ジェノバで渋滞にはまる。
高速もちょうど分岐地点。ヴェネチア行くなら、こっからミラノ方面に北上するルートが正解。
渋滞で時間もロスしてるし、またミラノ方面に走るのもおもしろくないなと話してると、地図担当の相方から提案。

今晩の町はピサにしよう。

斜塔のピサね。朝一で斜塔見て、出発すれば昼ごろにはヴェネチア着けるかもね。
じゃあそれに決定。

その後渋滞も解消して順調に高速を走る。
と、オレの予想よりずいぶん早く地図担当から高速降りろの指示。
a0059642_012726.jpg

で着いた町はLa Spezia。
ん?
「斜塔はどこらへんだろねぇ。」寝ぼけたコト言ってるボンクラ相方。

最終確認をオレは試みます。

オレ「今晩はどの町に行くんでしたっけ?」

ボンクラ「ピサです。」

オレ「ここはどこですか?」

ボンクラ「ピサです。」

オレ「La Speziaこれは何と読みますか?」

ボンクラ「ピサです。」

ピサはそのまんまPISAです!
昼間のがんばりに免じて許しますが、次やらかしたらビンタだと言って聞かせましたよ。
そんな訳で今晩のお宿は、ラ スペッジア です。
a0059642_1532950.jpg

駐車場付きのホテルを見つけてチェックインした後、晩飯に夜の町に繰り出したワケなんだが、ここでもイタリア時間てヤツにやられました。

なんぼ歩いても店が見つからない。
1時間以上歩いたかな。
後で気付いたんだが、なんてコトはない。
見つからないんじゃなくて、やってないだけ。
昼休みです。
こっちは、7時半位からぼちぼち夜営業のお時間みたいです。

そんなことも知らず、ようやく見つけた店。(正確には、夜の営業が始まったばらりの店)閑散としてて、この店大丈夫かい?と思ってたが、オレらが喰い終わる頃は大賑わいになってたから、こっちの人って晩飯遅いのね。

この旅で最後までうまくいかなかったんが、食事の最初難関。注文。
メニューがさっぱり読めん。
こればかしはどうにもならん。

店員とすったもんだしたあげく、彼のおまかせコースで決着。

a0059642_2494136.jpg
サーモンのペンネ。海沿いの町だけあって魚が旨い。しかも大盛り。
a0059642_2513183.jpg
イワシのフリット。海沿いの町だけあって魚が旨い。しかも大盛り。
a0059642_252153.jpg
はっぱ。栄養のバランスを考えて野菜もチョイス。オリーブ油と白ワインビネガーでいただきます。ビネガーは旨かった。
a0059642_254438.jpg
てんこ盛りのポテト。とどめの一撃。
これが一人一皿ずつ登場。
正直最初のペンネで腹一杯。

明日からの教訓です。半分でも多いくらいッス。
喰いきれん分はダメ元で持ち帰りにしてくれって頼んだらタッパーに入れてくれました。タッパーごと貰っちゃった。明日からの晩酌でおいしく頂きましょ。

会計もえらく安くしてもらっちゃったし、失敗しながらもイタリア人のやさしさで結果オーライの旅が続いていきます。
[PR]
# by ritatore | 2008-03-03 03:02 | イタリア旅
気ままなイタリア旅にでよう2
2/8(金)
今日からが旅の本番。
ぐっすりと熟睡した場違いなお高いホテル。
起きたら相方がいない。何してんのかと思ったら、イタリアの朝を満喫してたらしい。
テラスで、『地中海から昇る朝日を浴びながら、紅茶をすする自分』 に酔ってたんだと。あらそっ。
この相方のナルシストっぷりにはこの後もさんざん悩まされていきます。

さて、
朝飯付きだってんで、イタリアの朝食ってヤツを体験しに食堂に降りてくと、予備知識として知ってはいたが、この国の朝食って菓子パン中心。コレは違うだろとクロワッサンを取ったんだが、中にたっぷりクリームが詰まってて濃厚に甘かった。
朝から血糖値が急上昇。
オレは明日からは朝食いりません。飲み物だけでいいです。

さて、今日から本番。気合いを入れてチンクの聖地Garlenda目指します!

a0059642_4143096.jpg
今回唯一事前に決まってた目的地なんで、しっかりと日本で道順を調べてたかいがあり、高速を降りてのどかな道を走ってると順調にGarlenda到着。
a0059642_21214327.jpg

ココがあのチンクの博物館かぁ。ホントに来るとは思っても無かったなぁ。
感慨深いモノがございます。
いざ中へ。

ん?

カギが掛かってますね。

え?
まさか?
休み?

営業日までは調べてなかったなぁ。

行きあたりばっ旅なスタイルの旅行にはこんな落とし穴もあるモンだと、肩を落としながらもオレは諦めようとしてたら、相方が、近所にいつやってんだか聞いてくるって言ってる。
さっぱり言葉も通じないのに近所に聞き込みに行こうとしてるヤツの気合いに後押しされ、それならばとオレも気合いを入れ直し、博物館の呼び鈴を連打してみる。近所に聞くより本人に聞いた方が確実でしょ。

間もなくして、中から職員らしき人がのっそり出て来た。

「いつやってんの?」

「3時から。」

え?お昼休みだったの?
この国の長い昼休みの習慣に慣れてないオレらの最初のミスだった。
そんなら3時に出直してきます。ってトコで、
なんと
昼休み返上で開けてもらっちゃいました。

なんてやさしいんだ、イタリア人。
そして、割り勘要員としてだけ連れてきた相方の意外な活躍にも感謝。

たっぷりと堪能した博物館。
お土産もたっぷり頂いちゃってしかも、入館料タダになっちゃいました。
使う事はないだろなぁと思ってたが一応覚えてた、大変お世話になりました。のイタリア語で、精一杯の感謝の気持ちを伝えて来ました。


もう日本に帰ってもいい位の満足感で、Garlendaを後にした我々。
こっからは完全にノープランの旅。
[PR]
# by ritatore | 2008-03-02 21:36 | イタリア旅
気ままなイタリア旅に出よう
事の始まりは、去年の夏くらい。チンクで日本を制覇してやろうと毎年やってる気まま旅の草案を練ってる時。
来年は四国を制覇しようかなと、フェリー代やらを調べてる時に、ふと目に止まった格安航空券のページ。

イタリア往復5万円。

ん?
そんなもんで行けるの?

毎年乗ってる大洗〜苫小牧間のフェリー代が片道25000円。
同じ金額でイタリアまで行けちゃうんじゃない。

ベスパに乗りたくて取得した、原付免許。
チンクに乗りたくて取得した、普通免許。
おまけに働いてたのが、イタ飯屋。
いつからか、そんなオレ。
こりゃ四国行ってる場合じゃないね。

実際は、燃油サーチャージやらなんやらで8万ほどになった航空券だけど、もう気持ちはイタリアに確定。
さっそくその月の給料は全額定期預金に入れて封印。
たっぷり半年寝かせた計画がスタートするワケです。







2/ 7(木)
12:30発 東京 (成田空港)
16:05着 コペンハーゲン

16:55発 コペンハーゲン
18:55着 ミラノ (マルペンサ空港)
乗り継ぎ便が遅れたんで、上記より2時間ほど遅れて到着したイタリア。
a0059642_22122429.jpg

さっそくレンタカー屋のオフィスを探して、イタリア人とのファーストコンタクトに挑む。
何言ってるんだかさっぱりながらも手続きが進み、ヤツが満面の笑みで手渡した車のキーは 日産マーチ
「日本車はいいぞ〜。いい車が空いてたね〜。」なニュアンスのレンタカー屋のスタッフ。
が、なんでイタリアまで来て日本車乗らにゃならんの。
ダメ元で違うのにしてくれって言ったらあっさり代えてくれた。
a0059642_0444285.jpg
で代えてくれた車がコレ。
Ford Focus Wagon
オレが乗りたかったのは、ヨーロピアンコンパクトカーなんだが…。
アメ車だし、デカイし。
まぁ何はともあれ、これからの旅の相棒。
不満はあるが、よろしく。

a0059642_22271052.jpg

明日の目的地は、今回唯一目的地の決まっていた、チンクの聖地 Garlenda
そこにいい時間に着けるように、今夜のお宿をジェノバ近郊に設定。
慣れない異国の道路をかっ飛ばしながら、日付も変わろうかという時間。
日本を発って約20時間。
体内時計的には、朝7時。
ヘロヘロな状態で見つけたホテルは、前にお伝えした、お高価ホテル。しかも男二人でダブルと。
明日からの課題が残る、そんな初日でした。
[PR]
# by ritatore | 2008-02-29 01:39 | イタリア旅
沼津までツーリングしてきました。
イタリアのお話は正直何から書けばよいのやらさっぱりなんで、まずはこっちから。

トウキョウに春一番が吹き荒れたこの日、キャンバストップ主催 沼津ツーリングに参加してきました。
ただこの日は別件で同窓会があったもんで途中までの参加でしたが。
a0059642_22323433.jpg

総勢26名。16台。
回を重ねるごとに規模が拡大しております。
駐車場は見渡すかぎり色とりどりのチンク。
いい眺め。

それにしても今回はマイナートラブルのオンパレード。
ちょこっとした故障が頻発でした。
まぁそこはキャンバストップ主催。その度に銀ちゃんがちょこちょこっと修理してましたけど。
冗談で「次は誰の番かな?」なんて言い合ってましたけど。

海老名に集合。沼津で昼飯ってトコまでで別件の時間の都合で途中離脱するしかなかった、どうにも消化不良なツーツーリングってコトで終わると思いきや。


順番が回って来ちゃった…。

しかも一人になってから…。


帰りの東名高速。
休憩でよったSA。
妙な風切り音のするエンジン。
a0059642_22534595.jpg
この画像で分かる?
ヒントはプーリー。
そのせいでベルトがほつれてきてます。














答え。
a0059642_2257850.jpg

何故に一人になってから。

ここでの選択肢は
1.同窓会を諦めて、銀ちゃんに連絡。
2.見なかったコトにして同窓会に向かう。


【2】!

いざ勝負!


割れて欠けた部分がベルトを確実に削っている。
ベルトが切れるか?
それともプーリーが完全に砕け散るか?
背中に時限爆弾背負ってる感じ。

とまぁ大げさに書いてるけど、どちらかが起きちゃったら発電しなくなるだけだし、そうなっちゃったら残りのバッテリーで高速降りて、それから考えよって思ってましたけど。

何とか東名を乗り切った時限爆弾。
この日の吹き荒れる春一番が更なる試練を。

強風により首都高一部通行止め。

首都高真っ赤っか。ピクリともしてないじゃない。
そのような情報はお金払う前に知らせなさいよ。
一区間で首都高に見切りをつけ、一般道で走るも目的地まで20kmを切った辺りでこっちも渋滞。

もちろん同窓会は遅刻。
一次会どころか二次会もそろそろお開きってトコでようやく到着。
まさに二兎を追うものなんちゃらってヤツ。

そういや時限爆弾だけど、なんとか持ちました。ってより渋滞にやられたのか、先にバッテリーが死にました。頼みの綱のあんたが先にくたばってどうすんのよ。
さて部品発注します。
[PR]
# by ritatore | 2008-02-27 23:31 | FIAT500
帰国しましたが…。
行きで遅れたコペンハーゲン〜イタリアの便。
帰りもすっかり遅れましたよ。

行きの時はコペンハーゲンの空港での乗り継ぎ待ちが長かったって程度で済んだんだが、帰りの今回は、本来なら2時間程度時間に余裕があるところが

タイムリミット10分。

着陸早々、「東京行きの方を先に通してください。」的なアナウンスが英語で流れている。まぁ聞き取れたのはトウキョウとスルーだけなんだが多分そんな感じ。
他の乗客に「グットラック!」なんて言われてるし。
なんだが事態は切迫してるみたい。

人波をかき分け飛行機から降りると、空港職員が手招きして待っててその傍らには電動カートが準備万端とスタンバってる。どうやらこの飛行機から成田に乗り継ぐのは俺らだけみたい。

カートに飛び乗ってコペンハーゲンの空港内を爆走。カートはクラクション(自転車のベルみたいのだが)鳴らしまくり。チャリンチャリンチャリチャリン!どけどけ!ってな感じ。

成田行きの飛行機に詰め込まれ間もなく飛行機は離陸。席もバラバラ。12時間後合いましょう。とボクらはお互いの席に着くのでした。


バッタバタのなか到着した成田。
久々の文字が読める国で最初に読んだのは
自分の名前が書かれた張り紙でした。

スーツケース行方不明だそうです。

まぁ人間様があんだけ猛ダッシュで乗ったんだから、荷物は間に合わなかったんでしょうね。
その後の捜索の結果何故か北京に飛んでるコトが判明。
明日、宅急便で我が家に届くそうです。

幸い俺の方はMacとデジカメの充電器が手元に無いぐらいでたいして急ぎのモノは入れてなかったんだが、相方の方は日本円の入った財布と免許証がスーツケースの中だったらしく、俺がいなかったら無一文。どうやって帰るハメになったんだか?

そんな訳でスーツケースが届くまで旅の写真が見れませんので旅行記はまたその内ってことで。
[PR]
# by ritatore | 2008-02-18 21:48 |